恋愛成就・片思い・復縁・不倫・略奪愛の黒魔術代行

黒魔術代行・ご相談は原初黒魔術結社「E.S  Eclipse エクリプス」

新着情報

金運上昇・幸運を呼び込むための原初黒魔術と開運魔導具(神器)の使用方法

金運を手に入れることは自分の人生を歩むための必須条件となる。

「自分の人生を歩む」という事と「金運に恵まれている」という事柄は切っても切り離せないことだ。

お金が手に入らない、お金がたまらない、借金が増えて首が回らない等。
これらの要素が一つあるだけでも人生の豊かさは失われてしまう。それが重なってしまうことがあれば、さらに人生は色褪せていくのだ。

「お金がなくても豊かな人生を歩める」なんて言葉は金運のない人間の言い訳であり、必ず妥協の瞬間が訪れる。
その瞬間、人生の道は「自分」の思う方向からそれてしまう。
妥協も人間が人生を歩む上で成長のために必要なことではある。
しかし、妥協の先に金運を手に入れることなく、成長できずに妥協を繰り返す事は最悪の道である。

最悪の道を避けるためにも金運を手に入れることは必須条件であり、最高の人生の始まりとなる。

この記事を読んでるあなたはすでに妥協を続けてきたのではないだろうか?
最高の金運を手に入れ、もう妥協したくない」
そう強く思っているあなたのため、この記事では人類最高峰の黒魔術「原書黒魔術 E.Sエクリプス」による金運と幸運への道を示していく。

金運とはそもそもどういうものなのか?財運や商運などの関係

金運とはそもそもどういうものなのか?ということを疑問に感じる人もいるだろう。
金運が如何に人生にとって重要であるのか。財運や商運、金脈とはどのような関係があるのか。
これらの項目について原書黒魔術の視点から簡便に解説していく。

人生と金運の繋がりとは 金運の先の人生か、人生の先の金運か

人生と金運の間には強い繋がりがあるが、「金運の先の人生」なのか「人生の先の金運」なのかという質問を受けることがある。

答えは「金運の先の人生」である。

人生を歩む上に金運があるのではなく、金運の先に歩む人生が存在するのだ。
例えば、裕福な家庭の生まれかどうかということで人生はすでに決定されている。裕福に生まれれば豊かな人生を歩み、貧困に生まれれば貧相な人生を歩む。
これは、金運というものは「生まれ持つ」ものであり、変えることのできない事実であることを示している。

しかし、金運とは複雑で一様に生まれ持ったものが人生の全てというわけではない。
人生の分岐点で金運を失う者、金運を勝ち取る者、金運を未覚醒のまま発揮できずにいる者。
様々なケースがあるが、最も多いのは金運を未覚醒のまま発揮できずに人生を終えてしまう人たちである。

つまり、金運の先にある人生を歩めぬままに死を迎えてしまっているのである。
本当は手に入る利益を、財産を、成功を「どうせ無理だ」と諦めてしまっている。故に、本来の自分の人生を歩めずにいる。

このように、金運とは人間が生きてく上でその道を左右する大きな要素であり、それに気づけない人が多いのだ。
ここで新たな疑問を持つ人も多いだろう。
金運といっても「宝くじや万馬券で一発大きく当てる」「借金なく貯金が裕福に貯まっていく」「商売や仕事で成功して収益をどんどん上げる」など、
様々なパターンがあるが、自分の求める道を歩むにはどうしたらいいのか?ということだ。

あなたの望む道はどこにある 金運 財運 商運

簡単に金運と一括りにされることが多いが、その実は金運、財運、商運の三種類に大きく分類することができる。
これらの「幸運開運」にはどのような違いがあり、その先にどのような人生が待っているのか。
それを知ることが金運を手にし自分の人生を歩むための第一歩になるのだ。

まずは一番一般的な金運について説明していく。

・金運とは
金運という言葉は広義なものであり、財運や商運は一般てにには金運に含まれていることが多い。
この記事でも簡便な表現として広義の金運という言葉を用いてきたが、この項目では単一の言葉としての金運について解説する。

一義的な金運が示す幸運は主に「瞬間的な金を手に入れる力」である。
宝くじで一等当選をした!競馬で万馬券を当てた!株で一発大きく当てた!
など、臨時収入として大きなお金を手に入れることが金運の持つ力である。

つまり、爆発的な利益を手に入れて豊かで幸運な人生を歩みたい!という人に最も必要な運が金運なのだ。
しかし、宝くじを当てた者の多くが不幸になっていくように、運によって利益を得ることができれば良いということではない。

そこで重要になるのが財運である。

・財運とは
財運とは読んで字の通「財産を築くための力」である。
貯金が数千万円に達した!お金が溜まって減らない!借金とは無縁な生活!
これらのように、一定量の利益が自分の手元に届き溜まっていき、節約しているわけでもなく貯金ができるという力が財運である。

しかし、財運は大きな臨時収入を発生させるわけではなく、手に入った利益を失わないための力であり、
大金を手に入れたいという人にはあまり大きな効果を出せるものでない。

徐々に確実に、堅実にという力が財運である。
つまり、金運と財運を同時に程入れることができれば、大きな収入を不運によって失うことなく裕福で豊かであり続けることができるのだ。

爆発的な利益を確実な財産として自分のもとに止まらせ続けることができれば十分だという人とは異なり、自分の仕事や商売で成功し、
根本的な収益を増やす
ことが目的である人には金運と財運だけでは不十分である。

次に成功のために必要に力である商運について紹介する。

・商運とは
ここまで金運と財運について解説してきたが、自分の人生を歩むという意味では商運も欠かすことのできない力である。

商運とは商売や仕事、事業で成功することにより「収益の絶対量を増やす力」である。
始めた店が繁盛している!仕事で成功し昇給した!夫が事業で成功して億万長者!など
自分や家族が成功することで夢を叶え利益を増やすという、人生で最も大きなテーマには欠かせない力が商運である。

しかし、この力も単体では不十分な点があることにお気づきだろうか?
大実業家や大手チェーンなどの強い商運を持つ人間であっても失敗によって破産してしまうように、
財運のように収入を安定させる力や、そもそも勝負をできる資金がなければいけないというデメリットが商運にはある。

では、金運と財運と商運を揃えて持っていれば完璧なのかといえば、そうではない。

・金脈とは
この世界には通常の金運とは違う金脈という力がある。
例えるならば金運が自分内側の力で金脈が自分の外側の力である。

お金を派手に使っているのに裕福な人や成功を重ね続ける人、必ずお金が自分の手元に舞い込む人。
このような人たちが持つ力が金脈の力である。
つまり、世界にある金財の流れの中心を持ち、金財の循環の中にあるような人が持つ力が金脈なのだ。

内側の金運に変動や減少があるのに対して、金脈は循環し、減少することのない力であり、
真に裕福で豊かな「自分の求める人生を妥協することなく歩んでいる人」は必ず金脈を持ち、
自分の金運を補充し、循環の中で浄化できる人間なのだ。

【金運と金脈とはどのような力なのか】

『金運』:大きな金財を手に入れる力、金財を留める力はない

『財運』:一定量の金財を手に良いれ続け、貯めることができる力

『商運』:商売や仕事で成功し、手に入る金財の量を底上げする力。

『金脈』:世の中の金財の流れの力、手に入れることで運気の補充、浄化ができる。

あなたの望む人生の道はどこにあるのか

人によって自分の思う人生は多種多様だろう。
しかし、金運は複雑に関係、どれが欠けても豊かで幸福な実現できない。

では、何が一番重要なのか
それが「鮮明にイメージすること」である。
人が生まれ持った金運は有限であり、「何に」「どれだけ」運を使うかが大切なのだ。

金運を重視するのが自分の道ならば、どの程度の財運と商運が必要なのか。
財運を重視するのが自分の道ならば、どの程度の金運と商運が必要なのか。
商運を重視するのが自分の道ならば、どの程度の金運と商運が必要なのか。

つまり、自分の持つ運勢をマネジメントする先見の明を持つことが重要となる。

だが、自身の運勢をマネジメントすることなんてできない。そもそも運勢が覚醒していなくて使えない、金脈がなければ完璧ではない。
このような理由で誰しもが不可能である思い込んでしまい、自分の人生を諦めるのだ。

しかし、E.Sエクリプスの金運開運の原書黒魔術は不可能を可能にする魔術である

自分らしい幸福な人生を実現する 金運、財運、商運、金脈の全てを完璧に操る原書黒魔術

前述のように、自分の持つ運勢をマネジメントすることが「金運に恵まれ、幸福で豊かな、自分らしい人生」を実現するための鍵である。

しかし、その前提にはあまりにも大きく困難な壁が存在する。
金運がすでに覚醒している、自分の運勢を自在にコントロールできる、金脈を手に入れることができる。
これらの条件をクリアしなければ、鍵すら手に入らないのが現実だ。

しかし、原初黒魔術はその不可能な現実を可能に変えることができるのだ

金運開運の原書黒魔術 魔術儀式による幸福で豊かな人生の実現

原初黒魔術の儀式ができることは主「金運(金運、財運、商運)の覚醒、金脈の獲得、金運のコントロール、運気を増大させる」ことである。
魔術儀式、さらに黒魔術という言葉に対して抵抗を感じる人も多いが、原書黒魔術の金運開運の魔術に危険性はない。

黄金が最も輝くのはどこか、それは夜の暗闇の中である。
黄金というものは黒があるからこそ輝き、あらゆる財宝は暗闇の中にこそ隠されているのだ。
原初の最も純粋な黒の中だからこそ、最も明るく美しい黄金を手に入れられるということは明確な事実である。

原書黒魔術の魔術儀式では、魔術師と依頼者の間で密な相談を行い、
依頼者が持っている「理想の未来」「幸福な自分のあり方」「実現したい未来」を共有した後に魔術儀式を行う。

魔術儀式では、未覚醒の金運を覚醒させ、そこに術師が黄金の魔力を注ぐことで運気の量を増加させる。
その後、運気を金運、財運、商運の各運気に対して還元する魔術を行う。この過程こそが未来に向けた運気のマネジメントである。
最後に依頼者の魂に対して、原書の闇より導き出した金脈を結びつけ、金財の循環の中心に位置付ける魔術を行う。

【原初黒魔術の儀式と効果】

1.依頼者と術者の相談を通して、最適な効果を持つ術式や陣を構築する。

2.依頼者の金運を覚醒、金運の増加を行う。

3.目標に向け金運・財運・商運に運気を割り振る。(運気のマネジメント)

4.依頼者と金脈を結びつけ、運気の補給と浄化を行えるようにする。

これらの過程を行うことで、依頼者の自分らしい幸福な人生を実現することができるのだ。
魔術の難易度や用いる触媒によって術の効力に差はあるが、
最も基本的な術式においても他の魔術に比肩を許さない高い効果を持っているのだ。

金運開運の原書黒魔術 神器による幸福で豊かな人生の実現

原書黒魔術の神器ができることは儀式と同様に「金運(金運、財運、商運)の覚醒、金脈の獲得、金運のコントロール、運気を増大させる」ことである。

この原書黒魔術の神器の最も特筆すべき点は自分のペースで願望成就に向かい、効果を発動させることができることである。
儀式魔術は儀式期間中に全ての術式を行い、その術の効力は依頼者に反動のないペースで還元されていく。
しかし、神器は依頼者の思いに応じて効果を順次発動してゆくので、儀式における期間中の制約がなくなるのだ。

あらゆる魔術儀式というものには、多かれ少なかれ制約が存在している。
原書黒魔術では極限まで依頼者に対する制約を排しているが、数点の簡単な注意事項が期間中に発生してしまうというデメリットも存在する。
しかし、この神器は基本的に依頼者の状況や思いに応じた効果が自動的に発生するので、使用法通りに身につけているだけで効果を得ることが可能となる。

神器の使用方法と儀式との違い メリット デメリット

先述の通り神器には使用方法がある。

1.月に一度、夜(陽が完全に落ちてから)に祈りを神器に伝える
祈りの際は自分の現状、先に求める現実を伝える。
2.呪文を唱える
「原初の闇、暗黒の神、シュバルツ・ナハトよ我が黄金の大願を叶えたたまへ。エリグス・セルセギウル・メギド」
3.月に一度、月の出る夜に浄化の儀式を行う
神器を窓辺、月光の当たる場所に翌朝まで置き、翌朝に神器を清潔な布で拭く。
その後、以下の呪文を唱える。「ヘリアウ・カナン」

これらの用法を守ることであなたに最適な状況で神器が術を発動させ、金運の効果をもたらすのだ。
※神器の種類により用法や呪文に多少の差異がある。

神器の主なメリット

・神器が自動的に術式を発動し人生を導くこと。
・儀式期間中に発生する行動などの制約がないこと。
・神器が目標に向け運気をコントロールし、軌道修正を行うことができる。
・原初黒魔術を神器として身近に置くことができる。

神器の主なデメリット

・使用法を無視することで得られる魔術の効果が減少する。
・神器を紛失した際に効果を得ることができなくなってしまう。
・術師との密な打ち合わせを行い効果を受けることができない。

これはデメリットではないが、大きな違いとして、
術師と調節した効果を一括で受けとるのか、効果を状況に応じて神器の自動調整で受け取るのという点がある。
しかし、どちらを選んでも変わらないことは、必ず自分らしい幸福な人生を実現できるということである。

未来へと繋がる原書黒魔術 本当の想いを諦めないことが世界を変える

金運開運の基本から原書黒魔術の魔術儀式と神器の効果や使用法まで、
原書黒魔術教団 E.Sエクリプスの行う金運会運について紹介してきた。

全てを覚えている必要はない。
深く、重く考える必要もない。
難しく捉えすぎることもない。

最後に今一度、瞳を閉じて想像して頂きたい。
金運に恵まれ、豊かで幸福、妥協や諦めのない自分の人生を

あなたが今、「思い浮かべた風景」それさえ強く心に持っていることができれば、
あなたが求め、訴える未来は実現される。

-新着情報

Copyright© 黒魔術代行・ご相談は原初黒魔術結社「E.S Eclipse エクリプス」 , 2022 All Rights Reserved.