恋愛成就・片思い・復縁・不倫・略奪愛の黒魔術代行

黒魔術代行・ご相談は原初黒魔術結社「E.S  Eclipse エクリプス」

新着情報

原初黒魔術で行う呪いの除去、除霊、治癒の心身浄化について

固定概念を捨て考える。専門分野だからこそできること 呪術・黒魔術による除霊、浄化、治癒

「餅は餅屋」という言葉があるように、何事においても専門分野のプロに頼ることが一番の近道である。
呪術や黒魔術などの闇に精通する魔術の専門家は術をかけることのみではなく、
呪いの除去(解呪)や除霊、浄化、治癒においてもプロである。

呪いの除去や除霊、浄化、治癒などの魔術は白魔術などの専門分野であると思われがちだが、
黒魔術こそが心身の浄化において最も専門的な技術を有しているのだ。

黒魔術師は呪術を行う以上、呪術の危険性や呪詛返しなどと常に隣り合わせの状態にある。
それは、依頼により呪術儀式を行う際にもそのリスクは同様に存在する。
だからこそ、プロの黒魔術師は呪術を行うことのみではなく、呪いの除去や除霊、浄化、治癒を高度に扱えなくてはならないのだ。

呪いや呪術、霊障によって被害を受けている、心身が病んで弱っているという人を救うことに黒魔術は有効である。

呪い、呪術、霊障を見分ける あなたを傷つけ病ませている原因はどこからきている?

原因不明の心身の不調や不幸の連続、人間関係の悪化、金銭的危機などを解消したい場合、最初に行うべきことがある。
それが、原因がどこにあるのかを見極めることだ。

原因不明の被害の原因を見極めるためには「呪い、呪術、霊障」を見分けなけれならない。
そのためにも、「呪い、呪術、霊障」それぞれの特徴について解説する。

呪い、呪術、霊障とはどのようなものなのか?違いはあるのか?

【呪いとは?】

疑問を感じた方もいるかもしれないが、この記事ではあえて呪いと呪術を区別している。
呪いとは感情の一種であり、専門的には呪術と異なる意味を持っているのだ。

呪いによる被害とは、人が無意識に発してしまっている感情が高まることによって引き起こされる被害である。

誰かに呪われたり、恨まれるようなことをした覚えのない人であっても呪いの被害に遭う可能性は存在する。
例えば、「偶然、足を踏まれた」「並んでいた列に割り込んできた人がいた」「好きな人が別の女性と付き合っていた」
このような時に誰しもが少なからず相手を恨み、羨み、呪ってしまうのだ。

知らず知らずのうちに積み重なった呪いの感情が何かのきっかけで、融合したときに、それは意思を持って、その人に不運を引き起こすのだ。

【呪術とは?】

呪術は呪いとは異なり、故意的に与えられた術により発生する被害である。
呪いが無意識であるのに対して、呪術は意識的な物であり、
偶然ボールがぶつかるのと、故意的にボールをぶつけられるのでは被害の程度が同じであっても全く異なる意味を持っている。

基本的に呪いの被害は一般人から発生しているのに対して、呪術による被害のほとんどがプロの呪術師や黒魔術師によって発生しているものだ。
もし、発生源が一般人だったとしても継続的に複数の人間から呪術をかけられ続けなければいけないため通常はありえない。

呪術を解消したい場合は対象の呪術よりもより強力な力、高度な技術を持つ術師に頼らなければ不可能である。

【霊障とは?】

霊障は前述の二つの原因とは全く異なる性質を持っている。

これは周知の事実であるが、霊障とは霊に取り憑かれることによって発生する被害であり、
取り憑かれた霊の種類や強さによって様々な被害を発生させている。

主な霊の種類は地縛霊、浮遊霊、守護霊、指導霊、神霊、先祖霊、生霊、水子霊、動物霊、怨霊、悪霊、色情霊などである。
この中で霊障を発生させる原因となるの可能性を持つのは守護霊、指導霊を除く全ての霊であり、神霊や怨霊、水子霊は特に強力な場合が多い。
霊障は霊を浄化させる浄霊と霊を取り除く除霊の二種類の解決法がある。

このように、心身の不調や不幸の連続、人間関係の悪化、金銭的危機において同規模の被害があった場合でも、
呪いと呪術、霊障にはそれぞれ原因に違いがあり、必要となる対処も異なる。
そして、その対処を行うためにも、それぞれを見分けなければならないのだ。

呪い、呪術、霊障の見分け方とは? 黒魔術を用いた判別方法

呪い、呪術、霊障がどのようなものなのか、違いは分かったが、
それらをどのように見分ければ良いのか?素人でも見分ける方法はあるのか?
という問題を解消するため、誰でもできる簡易的なそれぞれの見分け方を紹介する。

簡易的呪的被害判別術『ルレベス・ヴィーリィッヒ』

・用意するもの

墨汁やインク、黒色の液体と筆
天然の塩。
半紙などA4程度の大きさの紙。
自身の生命的情報を持つもの(髪の毛や爪で良い)を一欠片

・術式手順

1. 用意した墨汁、またはインク。それに準ずるものに塩を混ぜ、よく馴染ませる。
2. 用意した紙の下に自身の爪の欠片や髪の毛数本を置く。
3. 筆に液体をつけ、紙にかける状態する。
4. 呪文を唱える「ルレベス・ヴィーリィッヒ・ベニル」
5. 目を閉じ無意識になった状態で紙に線を書く

・判別結果

線に異常がなく一本の場合「呪いである可能性が高い」
線が一本であるが紙が破れる、紙から大きくはみ出す等があった場合「呪術の可能性が高い」
線が複数本ある、線がかすれている、線が途中で消えている「霊障である可能性が高い」

・術後処理

使用した墨汁やインクは水で薄めたのちに、下水に流す。
筆はインクをきれいに洗い流し、風通しの良い場所で乾かす。
紙は乾燥させたのちに、自身の情報体を包み三角形に3回折り畳み、捨てる。
はみ出た線はティッシュなどできれいに拭き取る。

自身や家族に原因不明の心身の不調や不幸の連続、人間関係の悪化、金銭的危機などが起こっていると感じる方はこの方法で被害の原因を簡易的に見分けることができる。
しかし、この術式はとても簡易的なものなので危険性がない反面、詳細な判定や確実な判定はできない。
また、自身で判定が難しい場合は専門家に相談する必要がある。

では、次に判明した原因にどのようにして対処していくかということを紹介する

原初黒魔術が行う呪い、呪術、霊障への対処方法 異なる浄化効果

原初黒魔術は呪い、呪術、霊障の全てに対処可能であり、どのようなものであっても完全に被害を解消することができる。
さらに、守護と治癒の結界を施すことで被害の再発を防ぎ、依頼者の回復、招福の効果を付与している。
これは原初黒魔術が全魔術の中で最強の効果、最高の技術を有しているからこそ実現できる絶技であると言える。

ここでは、呪い、呪術、霊障に対して原初黒魔術がどのような対処を行うのかを解説する。

対処方法の共通儀式 儀式前相談と鑑定

魔術儀式を行うに際して、全てに共通した項目がある。
それが、儀式前相談(カウンセリング)と鑑定だ。

儀式前相談では、あなたの現状や今後について担当の術師との相談を行った上で、どのような魔術儀式を行うかの方針を固める。
例えば、「解呪のみを行い、呪詛返しを行うかの確認」や「除霊を行うのか、浄霊を行うのか」ということだ。
呪詛返しとは呪いや呪術など、被害の原因を作った相手に効力を倍増させ送り返す術であり、相手を破滅させることもできる。

鑑定ではあなたに被害を与えている対象を詳細に鑑定し、正体と原因を判明させることができる。
これによって、下記のどの対処を行うのかを決定する。

以上が、儀式における共通事項である。

原初黒魔術が行う呪い、呪術への対処方法とは

呪いへの対処はあなたへ意思を持って不幸をもたらす怨念の集合体を黒魔術によって消し去る術を行う。
この術は、負のオーラの塊である怨念に真逆の力をぶつける方法ではなく、さらに大きな闇の力により浄化する方法を用いる。
この方法を用いることで力同士の衝突による反動を防止することができる。

呪術に対しては、用いられた呪術式を特定し、その術式を崩壊させることで被害の解消を行う。

術式には術を発動させるための誓約が存在し、その誓約は術の強度によって異なり、強い術になる程に困難になっていく。
これを解呪するにはその誓約を破綻させる必要があるのだが、術式における誓約は高度に隠匿されているため、通常は術式を知るものにしか解除できない。
しかし、原初黒魔術は全ての魔術の原点であるため、あらゆる術を把握し誓約の破棄による術の解除が行える。

一般的には呪術の上書き(術の上に別の術をかける)かより強力な術式をぶつけて呪術の解除が行われるのだが、
これらには反動や危険性、リスクが高いなどの欠点がある。

しかし、原初黒魔術の解呪術式は反動、危険性、リスクのない唯一かつ最適な対処が可能なのだ。

【ポイント】
・呪いの解消を行う際に反動がない。
・危険性やリスクのない解呪が行える。
・最も安全な呪的被害の解消ができる
・呪詛返しは依頼者の任意で行使できる。

原初黒魔術が行う霊障への対処方法とは

霊障への対処法は呪術にへの対処法に比べて複雑性が増す。
事前に、鑑定によって判明した地縛霊、浮遊霊、神霊、先祖霊、生霊、水子霊、動物霊、怨霊、悪霊、色情霊などの霊魂に対してどのような対処をとるのかを決定しなければならない。
対処の方法としては除霊、浄霊、さらに消滅術式が存在する。

例えば、先祖霊や水子霊などあなたと関係性のある霊魂は除霊ではなく、浄霊によって浄化させる方法が適してある。
また、強力な怨霊や悪霊が原因であった場合は消滅術式によって霊魂を消滅させてしまう対処法が適しているなど、
対処方法の決定さえしてしまえば、魔術儀式によって霊障の解消は容易に行える。

対処方法の決定は担当術師が鑑定結果を判断した上で決定する。

【ポイント】
・霊によって対処が異なる。
・繋がりのある霊は浄霊する。
・悪性の強い霊は消滅させる。
・担当術師が鑑定結果を通して最適な方法を提案・決定する。

奪われた運気を取り戻す 治癒と守護の結界による心身浄化、招福と願望成就の原初黒魔術

原初黒魔術が行う施術は問題解消のみではない。
呪い、呪術、霊障の解消後に原初黒魔術は守護と治癒の結界を依頼者に付与する。
これにより、被害の再発の防止、受けたダメージの浄化と治癒、運気の回復による招福と願望成就の効果を得ることができる。

守護の結界 被害の再発を防止し、あなたを守り続ける

呪いと霊障などは再発の可能性がとても高いのだ。
霊に取り憑かれるには何かしらの原因や霊媒・憑依体質などがある。浄霊は対処療法であり、呪いも人によっては(目立つ仕事、競争社会、恋愛中など)再発の可能性が高くなる。

しかし、原初黒魔術では守護結界を依頼者に付与することで被害の再発を防いでいる。

この結界の特徴は結界の外側に発するエネルギーが暗黒のエネルギーだということだ。
結界の外側に暗黒のエネルギーを発することで、光のエネルギーを蝕む力から不可視化することで完璧な守護が可能となる。

逆に光の力による結界は効果が切れた際に、負の存在にとって格好の的となってしまうのだ。
このエネルギーは依頼者にとっては癒しの効果があるので、心配の必要はない。

治癒の結界 浄化、招福、願望成就の力を与える

治癒の結界は結界から発せられる暗黒のエネルギーによる心身の浄化と運気回復によって構築されている。
暗黒のエネルギーに治癒が可能なのかという疑問を持つ方が多いかもしれないが、真に純粋な暗黒のエネルギーは光の力より高い治癒効果を持っている。

人間が夜の闇の中で眠り精気を回復させるように、暗黒のエネルギーとは純粋であれば高度な治癒が可能なのだ。
反して、強すぎる光のエネルギーは日焼けと同様人体にとって毒となる場合もある。
つまり、原初黒魔術の治癒はより自然に近い形での身体に負荷のない治癒を行う力なのだ。

加えて、自然に心身が浄化され気の流れが正常化することで、止まっていた幸福の流れを得ることができ、
受けた不幸を回復し、邪魔を受けていた願望成就が行えるのだ。

【ポイント】

・被害の再発を完璧に防止できる
・身体に負荷のない治癒が行える
・運気が上昇し、不幸の回復や願望成就が可能
・強力な光の力は人体に逆効果となる。

呪い、呪術、霊障に苦しんでいる人へ 原初黒魔術ができること

呪い、呪術、霊障に苦しんでいる人へ原初黒魔術師として最後に伝えたいことがある。
それは、原初黒魔術が絶対的に、そして本質的に人に害する魔術ではないということだ。

原初黒魔術の示す「黒」とは原初の世界の夜である

生命にとって夜はなくてはならないものなのだ。
闇の中でこそ生命は休息し、力を補充し、新たな生命を育み、全ての拘束から解かれる。

いま少しでも、不安を持っているあなたには原初の純粋な夜の美しさを知っていただきたい。
都会の空よりも、田舎の空の方が澄んで美しいように、原初の世界にのみ存在した最も美しい夜の闇でこそ輝ける人の星は存在している。

いま大きな不安や苦しみを抱えているあなたを原初黒魔術は救うことができる。
当団体に相談いただくことであなたが呪い、呪術、霊障の被害にあっているかはすぐに鑑定できる。
そして、それらを消し去り幸福な人生、平穏な日常を取り戻すことができる。

我々はいつでもあなたからの相談を無料で受け付けている。

https://falpalast.com/お問い合わせ/

-新着情報

Copyright© 黒魔術代行・ご相談は原初黒魔術結社「E.S Eclipse エクリプス」 , 2022 All Rights Reserved.