恋愛成就・片思い・復縁・不倫・略奪愛の黒魔術代行

黒魔術代行・ご相談は原初黒魔術結社「E.S  Eclipse エクリプス」

新着情報

他人を攻撃する復讐の黒魔術とそのリスク・呪いの儀式の方法について

リベンジとアベンジ、黒魔術を用いた復讐によって怨み(恨み)の念を晴らす黒魔術

理不尽が多く存在するこの世の中で「復讐したい」という感情を持ったことがある人間は多いだろう。
しかし、それに対して私怨や怨恨にまかせ、復讐を果たしたことがあるという人間は少ない。
なぜなら、自ら復讐を果たした先に明るい未来が待っていないからである。

例えば、理不尽なイジメによって相手に復讐し、怨みを晴らしたとしても、復讐者は法によって裁かれしまうのである。
逮捕され罰を受けることがなくとも、「いつかバレるかもしれない」という負の念を持ったまま生き続けなければならないのだ。

心の負の感情を消し去り不安のない日常を送るための行為であるのに、不安の種を新たに生んでしまう。
この矛盾故に多くの人は、ただただ耐え忍ぶだけの暗い日々を選んでしまう。

「復讐は何も生まない、無意味な行為だ」

このような言葉が言えるのは、心から誰かを怨んだことのない「本当の理不尽」を受けたことがない幸福な人間だけである。
この世には「復讐を果たさないと前に進めない、明日が見えない」人もいるのだ。
そのような人たちのために、今回は『矛盾のない』黒魔術による復讐について解説していく。

あなたの感情は「怨み」か「恨み」どちらなのか?感情による復讐の違い

「うらみ」という言葉には三種類の書き方がある。
それが、「怨み」と「恨み」、「憾み」だ。

この記事では基本的に「怨む」という漢字を用いるが、
上記の三種類の表記法にはそれぞれ意味の違いがあり、それは、魔術的にも重要な要素となる。
では、それぞれによってどのような違いがあるのだろうか?

恨むという感情

最も一般手に気に表記されるのが、この「恨む」である。
この言葉には「物足りなさ、こころのこり」だという感情も含まれている。

単純に相手が憎くてたまらないという感情よりは、悔やまれるという要素を含んんでいるのだ。
例えば、浮気をした彼氏や勝負で負た相手に対して用いるのが適切な表現であり、
相手が破滅していまえば良い、という意味で用いるには適さない。

怨むという感情

怨念、私怨、怨嗟などの言葉に用いいられるのが、この「怨む」である。
この言葉は相手に対しての純粋な憎悪の感情を示すときに最も適した表記であり、
「恨む」という表記よりも強い感情がこもっている。

つまり、相手が破滅してしまえば良いと思うほど、攻撃的な要素の強い感情である。

憾むという感情

この表記は最も目にすることの少ない表記だろう。
この「憾む」という表記には、他人に向けるよりの自分に向けた感情が強い。
他の表記に比べて「残念に思う」という要素が色濃くあり、

「なんであんなことをしてしまったのだろうか」という後悔をしている状態に最も適している。

まとめると、攻撃性の強さは「怨み」→「恨み」→「憾み」の順に弱まり、怨みが最も強い感情である。
また、「憾み」は相手ではなく自分に対する感情である。

ここまで、三種類の「うらみ」の表現について分類してきたが、
魔術的に「どの表記を用いるのか」ということには全く意味はない。
魔術的に重要なのは「あなたが今、抱えている感情がどれなのか」を認識することだ。

黒魔術は依頼者の感情によって結果を導き出す。
つまり、自分の感情に最も適した魔術を行わなければ効果を十二分に発揮させることができない。


さらに、自分の本意とは異なる魔術は逆効果となってしまうのだ。

怨みならば相手に破滅的な状況に追いやる魔術、恨みならば相手を懲らしめ改心させる魔術、憾みなら後悔をなくし浄化する魔術。
自分の行いたい復讐、その先にどのような未来を求めるかを知るためにも、
言葉の表記を利用して自分の「うらみ」の感情を分析しなければならない。

リベンジとアベンジ 復讐のために未来を想像する魔術プロセス

リベンジとアベンジ、それぞれ復讐を表す言葉であるが異なる意味を持っている。
また、言葉の意味の違いを説明するが、
前項と同様、復讐の黒魔術による復讐を失敗しない、後悔しないために重要な項目なのだ。

リベンジ(revengeとは自分のために行う復讐であり、
自分や自分の家族、大切な人が理不尽な被害に遭ったときに仕返しをする行為を表現する言葉である。

アベンジ(avenge)とはあなた以外の人間のために行う復讐であり、
誰かのために「正義感」を持って報復を行い、理不尽な被害から救うためにする行為を表現する言葉である。

先ほどの怨みの表記の項目で自身の感情を整理できたら、次に行うのが
「誰のために」「何のために」
復讐を行うのかということを自分の中で認識することだ。

整理するうちに気づいた人もいるかもしれないが、
魔術的にはリベンジとアベンジは異なる概念ではなく、復讐を考える「段階の違い」なのである。

双方において一致する「理不尽な被害への復讐」という要素。
理不尽を復讐により終わらせることは、「新たな被害」を無くすという意味を含んでいる。
つまり、あなたへの理不尽な被害への復讐は、この先に起こる誰かへの理不尽な被害の防止となるのだ。

このように未来を想像し、自分の中で強く持っていることは黒魔術で復讐を行うにおいて重要なプロセスとなる。
このプロセスを経ることで黒魔術で単純に復讐することから、明るく、より良い未来を実現することへと目的が移行する。
そして、黒魔術による完璧な儀式を行うことができるのだ。

では「他人を攻撃する復讐の黒魔術とそのリスク・呪いの儀式の方法」についての解説を行なっていく。

黒魔術で他人を攻撃するとは? 復讐の黒魔術の種類と効果について

黒魔術を用いて他人を攻撃するとはどういうことなのか?
単に攻撃といっても魔術的な攻撃には直接的攻撃、間接的攻撃の二種類が存在する。


直接的攻撃が物理的な攻撃手段であるのに対して、間接的攻撃は相手の心身を蝕むことで災厄をもたらす攻撃手段である。
復讐を行う際に用いる攻撃が後者の「間接的攻撃」である。

間接的な攻撃を行う復讐の黒魔術は、目的に応じて効果の範囲や内容を特定することができる。

恋人の改心が目的であるなら、効果を心理面に集中させる。
怨敵の失脚が目的ならば肉体面に効果を集中させる。
相手の破滅が目的ならば、心身双方へのダメージを最大限に引き上げる。など、

あなたの望む未来へ向けた復讐を行うことができる柔軟性が黒魔術の特徴であり、利点である。

目的と手段が一致しなければ結果を得ることができないというのは黒魔術において常識である。
次に大まかな黒魔術の種類と効果について紹介していく。

相手を後悔させ、改心させる復讐 心への攻撃を行う黒魔術

復讐の対象が恋人や身近な人間であり、相手を徹底的に破滅させるわけではなく、
復讐の効果として、相手の心へ後悔の念を抱かせ、改心させることが目的である場合に用いる黒魔術である。
効果の範囲は相手個人からその周囲の人物に及ぶものであり、

相手の心にダメージを与える、周囲の人物に責められるなど変化のきっかけとなる効果を発揮する。

相手の心に任意(目的)の負のエネルギーを与えることで、自己嫌悪に陥ることに加えて、周囲の人物から責められるよう誘導する。
このような効果により、浮気性、浪費癖、堕落しているなどの相手の欠点を解消し、良好な関係を築いて行くことが目的である場合に最も適している。

相手の力を削ぎ落とし、失脚させる復讐 身体への攻撃を行う黒魔術

復讐の対象が敵対関係にあり、その相手を失脚させることができるのがこの魔術である。
この魔術は相手の運気を下げることで、怪我や病気などの災厄に遭うように誘導する効果があり、

怨敵への勝利や排除に用いられることの最も多い術式である。

過去に多く用いられた黒魔術の術式であるが、現代でこの術式が用いられる事は少ない。

理由としては、現代において怪我や病気は比較的に治癒・回復の可能なものとなり、魔術としての意味が薄れたからである。
この魔術より強力に決定的な攻撃を行うにはもう一段階、高位の黒魔術を行う必要がある。
恋敵やあなたの目的達成を邪魔する人間を一時的に退場さることで、目的を果たして順風満帆な未来を目指す場合に適している。

相手から全てを奪い、破滅させる復讐 心身への攻撃を行う黒魔術

この魔術は最も、強力かつ怨みの感情が強い際に用いる黒魔術であり、復讐の対象に心身の双方から破滅的な打撃を与えることができる。
その効果は周囲の人間にも強く作用し、相手は忌み嫌われ、孤立していく。
魔術により受けたダメージは不可逆のものとなり、治癒や修復によって回復することは困難である。

心身への攻撃は相手の運気を極限まで下げ、マイナスの状態にすることで不運や厄災を起こし信用、財産、人間関係、心身の健康、など
あらゆる面に対して最大の被害を与え、再起不能状態へと追いやることができる

恋人の浮気相手、夫の不倫相手、嫌がらせをしてくる相手、
心の底からこの世から消えて欲しいと望む者に対して用いることに最適な黒魔術を使った復讐である。

黒魔術を用いた復讐にリスク(危険性)はあるのか?気をつけるべきこと

黒魔術による復讐にはリスク(危険性)や反動、呪詛返しは存在するのか?ということが依頼者にとって最も懸念すべき点である。
新たな不安や、不幸を発生させないために『黒魔術を用いた復讐」を選んだのに、リスクが存在すれば意味がない。
しかし、あえて包み隠さずに真実を伝えよう。

「黒魔術にはリスクがある」が、それは重要なことではない。
黒魔術による復讐において「リスク」というものは怨み感情と並び、魔術を行う際に最も重要な要素である。

全くリスクなく魔術を行うとして、その魔術に効果も全くないのだ。

リスクというある種の縛りは、黒魔術の効果を高めるために必須なのだ。
簡単に例えるならば、簡単なまじない等で「好きは人の名前の書いたものを誰にもバレずに一ヶ月持ち続けると恋が成就する」というものがある。
この場合には「バレずに」という「バレたら成就しない」というリスクがあり、このようなリスクを黒魔術では「縛り」という。

【魔術とリスクの関係】

魔術を行うには特定の手順が必要

手順の規模(縛り)に比例して効果が高まる

手順を間違えると危険が発生する

手順を守りさえすればリスクなく効果を得られる

魔術師は魔力を用いて召喚した力と「縛り」をもって契約を行うことで、その効果を行使することができる。

相手を破滅させるという復讐の黒魔術を行うためには、その効果を得るに足る、契約を行わなければならない。
その制約が守られる限り魔術の効果は相手への攻撃を与え続けるが、制約を破ってしまったとき、
復讐の効果は己が身に降りかかることとなる。
しかし、これは「魔術で復讐をすることのリスク」ではなく「魔術で復讐を行うためのリスク」であり、契約さえ守り続ければ危険性は全くないのだ。

最も安全な復讐の黒魔術による復讐 黒魔術・呪術の最高峰 原初黒魔術

魔術においてリスクは欠かせない要素である、ということは理解していただけただろう。
しかし、身に余る大きな力による反動や呪詛返しを受けてしまう可能性は依然として存在する。
それらの、あらゆる危険性を排して復讐を行いたい場合はどうすれば良いのか?

「反動、呪詛返し、リスク」これらの全ての危険性を回避する方法は一つしかない。
それは、高度な技術を有したプロの黒魔術師に儀式依頼を行うことだ。

その中でも最も高度な技術を有したプロ集団がE.Sエクリプスであり、
我々が行う原初黒魔術は目的の効果を発生させると同時に、反動や呪詛返しを防ぐ安全措置を行い、
あらゆる危険性を排している。

原初黒魔術の魔術儀式の方法は以下の通りである。

【復讐の原初黒魔術の儀式方法】

1依頼者の依頼に応じて、相談を行った上で術の強度や復讐の結果が求める未来となるように術と陣を構築する。(準備)

2,復讐の対象となる相手の霊魂を封じ込め、その人形に儀式を行うことで離れた相手に呪いの効果を与える。(実行)

3,依頼者の霊魂を複写した形代を製作し、その形代を「縛り、反動、呪詛返し」の対象になるように術式を施し、身代わりとする。(安全策)

上記のように、完全な安全措置があり、担当の魔術師と相談し相手への効果などを決定できることができる。

原初黒魔術を用いた復讐にデメリットはなく、術の効果や発生速度においても最高峰の力を持っていることが最大の特徴だ。

黒魔術(呪術)によって復讐を行うために必要なもの 明日へ踏み出す決意

ここまで、人を怨み復讐するとはどういうことなのか。
黒魔術による復讐がどのようなものなのか。
復讐のリスクや儀式、最も安全に復讐する方法。という順序で解説を行なってきた。

【黒魔術の復讐を行う際のポイント】

・自分の感情が「怨み」「恨み」「憾み」なのか整理する。

・復讐の段階をリベンジからアベンジへとアップさせる。

・リスクが魔術効果を高めるための制約となっている。

・プロに代行依頼をすることが一番安全な手段である。

最後に「黒魔術を用いて、復讐を行うために必要なものが何なのか」ということを解説してこの記事の締めとする。

黒魔術によって復讐に行うために必要なもの、
それは「決意」である。

当たり前のようで、ほとんどの人が決意を持つことができずに、
目の前に立ち塞がる理不尽に諦め、明日へ踏み出せずにいる。
しかし、「復讐を果たさないと前に進めない、明日が見えない」こともある。

「自分に決意が持てるのか。」
この記事を最後まで読んだ方には安心していただきたい。
あなたは既に明日へと踏み出す決意ができているのだから。

-新着情報

Copyright© 黒魔術代行・ご相談は原初黒魔術結社「E.S Eclipse エクリプス」 , 2022 All Rights Reserved.